テオドラ・アタナソヴァ女史は、初めての暗号で裏付けされた融資を提供する企業であり暗号資産融資のマーケットリーダーでもあるNexoの一部でビジネス開発を手掛けています。暗号世界においては法務と投資の両サイドに幅広い経験をもつブロックチェーン提唱者です。大学でビジネスと法律を学んだ直後からブロックチェーン分野に携わり、ほとんどのNexoの極めて重要なパートナー(Polymath, Arrington XRP, UCL Blockchain Institute)の責任者であり、セキュリティ産業とリーガル技術並びにFinTech分野を混乱させならが、ほとんどの時間をブロックチェーンの拡張性に費やしています。ブロックチェーンスピーカーとしての役割には、CoinAgenda、Fintech世界フォーラム、Crypto 42 Token Investmentサミット、欧州議会における欧州青年大会等、多くの高い知名度を誇るFintechイベントでの発表があります。ブロックチェーン産業、分散化、投資、変革をもたらすこと、政治、人権、銀行取引及び財政産業の中断、そしてこれら全てからもたらされる多くの新たな可能性に対して熱意を持っています。