トニー・レーン・キャサリー女史は、デジタル通貨・ブロックチェーン業界の起業家であり、CoinTelegraphはもちろん、政治形態の未来系をバーニングマンのようなコミュニティーにしていくために設立されたCULTU.REの共同創設者です。他者の感情に敏感なエンパスであり、投資家、芸術家、顧問、場に適応するエヴァンジェリスト、そして企業創設者として活動する彼女は仲間や出版社から「ブロックチェーン界のジャンヌダルク」と称されています。SingularityU、Polymath Network、Factom、Propy、国際連合、HSBC、Cisco、セントルシア政府、P&G、Institute for the Future、そしてSt. Gallen Symposium等を始めとした大手企業、基金機関そしてファミリーオフィスに顧問として携わる、またはその経験を持っています。BigThink、TEDx、Katapult、Polycon、Innovate your State、DraperU、NEXUSearth、Exponential Finance、 World Crypto Economic Forum、 Blockchain 経済フォーラム、他にも多数の場を通して、リーダー的な存在として平和的開発のためのブロックチェーンを用いて新たな社会構造の創造を推し進めてきました。これらの場でサービスを提供する機会に恵まれたことに感謝するとともに、ある人が誰かという全ての発想は時間には関係ないのだという視点を持ち続けています。真の無条件の愛と友情が大切なことです。つまり、トニー・レーンはレコーディング・アーティストであり、意識を媒体として利用する非物質論(ポストアート:アート後)運動の生みの親ともいうべき人物なのです。